同僚の衝撃発言を聞く前から、50代でも年の若い女性との関係を求める気持ちと言うのはありました。
街中に溢れかえっている魅力的な女性を見るたびに、あのような年齢の相手と裸で抱き合うと言う事に対して、強い憧れを持ってしまっていたのです。
テレビを見ても若いタレントたちがたくさん出ていて、キュートな笑顔を見たりするとたまらない気持ちになってしまったり。
何とか接点を持ちたいという気持ちはあったものの、その方法など思いつくはずもありません。
若いと言うのはそれだけで大きな魅力であり、手がなかなか出せない存在だからこそ、より興味を持つようになってしまったのかもしれません。
いつかは自分も年齢の離れた女性とセックスをする、この妄想を繰り広げるばかりでした。
世の中には若い女性と会うことができるような男性もいるらしいのですが、皆んなどうやっているのか?全く理解できなかったのです。
出会いの方法というものがあれば、ぜひ教えて欲しいという気持ちばかりありました。
若い女性と出会う方法をまさか同僚から聞くことになるとは、夢にも思ったことがあります。
酒の席でいきなり話し出した若いOLとの肉体関係、まさかこの男かこんな関係を作れるなんて信じられなかったのです。
しかし、楽しそうに裸でベッドの中でツーショットで写っている写メを見せられて、衝撃を覚えてしまいました。
「どうやってそんな素晴らしい相手を見つけたんだ?」
「知りたいか?」
「当たり前じゃないか!
俺もピチピチな女の子とバッチシし決めたいって思っているんだよ」
「そーか(笑)」

ニヤニヤと笑いながらなかなか答えを出そうとしない同僚に、イライラしながらさらに問い詰めていく事にしました。
「今夜の飲み代おごるから、秘訣を伝授しろよ」
この一言で彼もその方法を教えてくれる気持ちになったようでした。